日本小児歯科学会近畿地方会大会

みなさんこんにちは。石井です。

昨日は大阪・千里で開催された日本小児歯科学会近畿地方会大会に参加するため休診させて頂きました。患者様にはご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

主に近畿地方の小児歯科医療に従事する小児歯科医や歯科衛生士等の医療関係者が一堂に会するのですが、その中で様々な意見交換をする場でもあります。

20161017_1 20161017_2

特別講演は学生時代の恩師である祖父江鎭雄先生が登壇され、小児歯科の黎明期からの歴史を熱く語って頂きました。その中で“点の診療から線の診療へ”という言葉が印象に残りました。

今では継続的に口腔管理をして子どもの歯と口の健康を守ることが当たり前になってきていますが、昔の歯科診療はその場しのぎの治療が当たり前で、定期的に健診をするという今日の歯科診療のあり方を形作ったのは黎明期の小児歯科の先生方なんです。

また教育講演では、口腔外科、矯正歯科、歯科放射線科で活躍中の専門医の先生方が、小児歯科医に必要なそれぞれの分野の知識について分かりやすく講演されました。

口腔外科の講演に立った伊藤章先生は大学スキー部の後輩で、現在は大阪大学歯学部の口腔外科の助教として活躍されています。ガイドラインを順守した診療の重要性を外傷、感染症等の疾患に分けて説明してくれました。

20161017_3 20161017_4

他の分野の専門医の話を聞く機会はあまりないので、とても参考になりました。自分よりも若い世代の先生が活躍しているのを見ると、僕も頑張らなくてはいけないなと痛感します。

学会で得た知識を日常の診療で患者様に還元していかないといけませんね。

カテゴリー: 学会・講習会 パーマリンク