上唇小帯

みなさんこんにちは。石井です。

上のくちびると上の前歯の間にある筋を上唇小帯といいますが、この上唇小帯が発達していて前歯に隙間があるといって来院される低年齢の患者様がいらっしゃいます。子どもさんの将来の歯並びを心配されて来院されたり、他の歯科医院等で“切らないとダメだよ”と言われて来院されたり、受診動機は様々です。

 

左の写真は1歳過ぎの子どもさんで、右の写真は3歳の子どもさんです。確かに上唇小帯が発達していて上の前歯の間に小帯が入り込んでいます。

見た目にはすぐにでも上唇小帯を切らないといけないように思いますが、低年齢時に切除する必要はありません

程度の違いはありますが、低年齢時には上唇小帯は発達しているものです。歯槽部の発育とともに付着部位が高位になってくることが多く、幼少期には経過観察していきます。ただ、歯磨きはしにくく、小帯部にブラシの先が当たると痛いので、小帯を避けて磨く必要はあります。

前歯が永久歯に生え変わっても、上唇小帯が前歯の間に入り込んでいて、前歯が離れてしまっている場合は、切除することを検討します。切除するかどうかを考えるのは、上の前歯が永久歯に生え変わるタイミングになってからです。

上唇小帯だけでなく、適切な時期に適切な処置を行うことが何よりも大切ですよ!

カテゴリー: 歯とお口の豆知識 パーマリンク