平昌オリンピック

みなさんこんにちは。石井です。

連日、平昌オリンピックでは熱戦が繰り広げられていますね。昨日の男子フィギュアの羽生選手と宇野選手の金銀獲得は本当に素晴らしかったです。診療中でリアルタイムで観戦できなかったのは残念でしたが・・・

そんな平昌オリンピックで活躍中のフィギュア選手ですが、男女4人の代表選手が全て歯列矯正治療の経験者のようです。

宮原知子選手と坂本花織選手は、矯正装置を付けて大会に出ているのをテレビ等で見たことがあったので、演技とともに口元にも目がいっていました。(職業病ですね・・・)

羽生選手と宇野選手も歯列矯正で今の歯並びを手に入れたそうです。健康的で美しい歯並びと口元ですよね!

勝手に画像を貼り付けるわけにもいかないので、「選手の名前」と「矯正」ぐらいで検索してみて下さい。治療中の画像なんかが出てくると思います。

女子の2選手にも男子に続いて頑張って欲しいですね。

個人的にはカーリングにハマっていて、オリンピックのたびにカーリングに夢中になってしまいます。特に女子は今回絶好調! まだまだ熱い戦いに期待しています。

カテゴリー: コラム | 平昌オリンピック はコメントを受け付けていません。

垂水区歯科医師会60周年記念誌

みなさんこんにちは。石井です。

気付けば2月も1/3が過ぎてしまいました。雑誌の原稿や来週ある研究会の発表準備でバタバタしていたので、あっと言う間に過ぎてしまった感じです。

昨日の夜は久しぶりに垂水区歯科医師会事務所に行って委員会に参加してきました。歯科医師会から受け取る書類や伝達事項があるのですが、併せて60周年記念誌を受け取ってきました。本当は年末までに受け取りに行かなければいけなかったのですが・・・

 

なかなか立派な装丁の冊子です。60年の重みを感じます。昨年開催された60周年記念式典の様子や会員の先生方の寄稿文なんかが綴られています。

僕はその60年の歴史のほんのごくわずかにしか関わっていませんが、これから少しでも貢献できると良いですね。

カテゴリー: コラム | 垂水区歯科医師会60周年記念誌 はコメントを受け付けていません。

埋伏歯の診断と治療

みなさんこんにちは。石井です。

昨年末にかけて切羽詰って書き上げた原稿がようやく専門誌として世に出ました。矯正臨床ジャーナルという矯正歯科医向けの専門誌なので、一般の方はもちろん、一般の歯科医師もほとんど目にすることはない雑誌です。

執筆した原稿のタイトルは「埋伏歯の診断と治療」。3回シリーズの予定で、1回目は「埋伏歯の予見と治療戦略」と題して執筆しました。

 

埋伏歯というのは、本来生えてくるべき歯が何らかの原因で生えこず、埋まったままになっている歯のことを言います。

この埋伏歯は様々な原因で生じるのですが、適切な診断と治療を行うことがとても大切です。特に埋伏しそうな兆候を未然に察知することが何より重要なことになります。

そんな内容を矯正歯科医向けに執筆したのですが、本当は矯正歯科医だけでなく、小児歯科や一般歯科の先生に、知識を共有してもらいたい内容です。

患者様自身は信頼できる先生のところで定期的に健診を受け、適切なレントゲン診査を受けることで早期に対応することが可能になります埋伏歯に対処するためにも定期健診は大切です。

まだあと1回分原稿が残っているんですよね・・・ また締め切りに追われそうです(汗)

カテゴリー: コラム | 埋伏歯の診断と治療 はコメントを受け付けていません。

矯正歯科専門医と小児歯科専門医

みなさんこんにちは。石井です。

本当に寒い日が続きますね。神戸でも冷蔵庫(冷凍庫?)の中のような気温です。風邪などひかないように気を付けて下さいね。

さて、先日のブログにも書いたのですが、日本矯正歯科学会の矯正歯科専門医の審査に合格し、無事に矯正歯科専門医となりました。なかなか届かなかった矯正歯科専門医資格証もやっと届いたので受付に掲示しました。

受付カウンターの横に掲示してあるのですが、目にされたことはあるでしょうか?

 

実はこの何気ない受付の風景が、日本で3か所しか見ることのできない風景なんです!

左が矯正歯科専門医資格証で、右が小児歯科専門医指導医認定証です。この矯正歯科と小児歯科の専門医を両方取得している歯科医師は日本に3人しかいません。僕が3人目で、これまでは2人しかいませんでした。

様々な情報が溢れているインターネット時代の今こそ、専門医としてできるだけ正確な情報をお伝えしていきたいですね。

カテゴリー: コラム | 矯正歯科専門医と小児歯科専門医 はコメントを受け付けていません。

神戸市歯科医師会広報誌 すわやま 再び・・・

みなさんこんにちは。石井です。

少し暖かい日が続いていますが、また寒波がやってきそうですね。インフルエンザが猛威を奮っているようですが、体調を崩してはいませんか?

少し前のブログ神戸市歯科医師会の広報誌の裏表紙に僕の撮った写真が載ったと書きましたが、また裏表紙に使ってもらいました

 

北野坂のイルミネーションを撮りに行ったときの画像です。イルミネーションの先にちょうど神戸市庁舎がくるんです。

車の少なくなる夜遅めの時間を狙って行ったのですが、結構車は通るものです。路上駐車している車があったり、信号待ちで止まったり・・・ 車が写らない写真を撮るために結構粘りました(笑)

元の画像も載せておきます。なかなか綺麗なイルミネーションですよ。

このイルミネーションは3月31日まで実施されているので、まだまだ見るチャンスはありますね。暖かい恰好をして、綺麗な冬の風物詩を満喫して下さい!

カテゴリー: コラム | 神戸市歯科医師会広報誌 すわやま 再び・・・ はコメントを受け付けていません。

垂水区歯科医師会新春学術講演会

みなさんこんにちは。石井です。

今日は午後の診療をお休みさせて頂いて垂水区歯科医師会の新春学術講演会に参加しています

 

 

フォトコミュニケーションについての講演です。なかなか有意義なお話しが聞けそうです。

 

 

患者様の写真を撮るときにも今日の知識をフィードバックできるといいですね。

カテゴリー: 学会・講習会 | 垂水区歯科医師会新春学術講演会 はコメントを受け付けていません。

定期健診

みなさんこんにちは。石井です。

ここ数日は神戸でも本当に寒いですね。今朝は水たまりも凍っていてビックリしました!

昨日のお休みに車を車検に出してきました。それなりに乗っているので、そろそろどこか問題が出ているかなとも思っていましたが、大きな不具合もなく安心しました。

 

 

それでもいくつか消耗部品を交換したので、なんだか少し運転しやすくなった気がします。

 

 

車検に出すのは費用も時間もかかって面倒ですが、やはり安心して運転したいので、しっかり検査してもらいたいものです。自分では気づかない不具合が生じていることもありますし・・・

車の車検と同じで、歯とお口の健康も定期的にチェックを受けることで、異常が早期に見つかることも多くあります。自覚症状が出てからでは手遅れになることもありますしね。

歯も車も、日常のメインテナンスだけでなく、定期的にプロの目で、しっかり点検することが大切ですね

カテゴリー: コラム | 定期健診 はコメントを受け付けていません。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。石井です。本年もよろしくお願い申し上げます。

今日から診療していますが、新年早々吉報が届きました!

昨年、日本矯正歯科学会の矯正専門医審査を受けて、1次審査2次審査と通過して、10月の札幌で開催された大会で最終審査を受け、合格予定とはなっていたのですが、ようやく矯正専門医の合格通知が届きました

これで1月末には矯正歯科専門医として登録されます。準備の段階から色々大変だったこともあり、ホッとしました。

専門医に恥じない診療を提供できるように、今年も精一杯頑張りたいと思います。

カテゴリー: コラム | 明けましておめでとうございます はコメントを受け付けていません。

休診のお知らせ

みなさんこんにちは。石井です。

もう2017年も残すところあと5日ほどになりました。皆さんは今年やり残したことはありませんか? 僕も色々頭に浮かびますが、もう間に合いませんね(笑)

さて、年末年始ですが、当院は12月28日(木)~1月3日(水)まで休診致します。患者様にはご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

 

 

当院の休診日は水・木ですが、明日27日(水)と4日(木)は診療します

 

 

僕も2017年を振り返って、2018年は今年以上に良い診療が提供できるように、一歩でも前進できると良いですね。来年もよろしくお願い申し上げます。

みなさん良いお年を!

カテゴリー: お知らせ | 休診のお知らせ はコメントを受け付けていません。

リングストロボ

みなさんこんにちは。石井です。

お口の中の状態や歯の状態を記録するため、歯科医院ではお口や歯の写真を撮ることが非常に多いです。特に矯正治療においては歯並びの診査を行う上で欠かせない資料になっています。

 

 

←こんな写真ですね

 

 

 

このお口の中の写真を撮るときにはマクロレンズとリングストロボというちょっと特殊なレンズとストロボが必要なのですが、レンズもストロボも少々かさばって重たいのが難点です。

何か良いリングストロボがないかとネット上を探していると、ちょっと高価ではあるものの、良さそうなリングストロボを見つけたので購入してみました。

 

ドイツMetz 社の MECABLITZ 15MS-1 digital ( made in Germany! ) です。これが思った以上に使いやすく、すでに診療で活躍しています。

とにかく軽く、何と言ってもコードレス! ストロボシューの部分にストロボ本体を接続するわけではなく、全ての操作系がリング部分に集約されてます。なのでコードレス。カメラ本体の内蔵ストロボを発光させることでリングストロボがスレーブ発光します。こんな仕組みのリングストロボは他に見たことがありません。

正確に診査用の資料を記録することは矯正治療ではとても重要なので、使いやすいカメラシステムを使うことは本当に大切です。

歯科関係者の皆さま(このブログを目にすることはないかな・・・)、このリングストロボはお勧めですよ!

カテゴリー: 診療室 | リングストロボ はコメントを受け付けていません。