大雨!

みなさんこんにちは。石井です。

昨日からの大雨で今日は大変ですね。まだ明日も降るみたいですが・・・ JRも運休していて、山陽電車も須磨・霞ヶ丘間で止まっています。

患者様には大変申し訳ありませんが、このままだと家に帰れなくなるスタッフが出てきそうなので、今日は18時で診療を終了させて頂きます。

明日は通常通り診療する予定ですが、交通機関の状況によっては患者様にご迷惑をお掛けすることもあるかもしれません。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: お知らせ | 大雨! はコメントを受け付けていません。

お口の機能と歯並び

みなさんこんにちは。石井です。

先週の土曜日に、歯科検診に続いてお隣のドレミキッズ保育園にお邪魔して、保護者の方向けにプチ講演会をしてきました。お昼休みの時間を使って行ったので、慌ただしく少し駆け足の講演になってしまったかもしれません。

なぜ歯並びは悪くなるの? 離乳食から始まる機能と形態のお話”というタイトルでお話しをさせて頂きました。

 

タイトルスライドと講演の最中に使ったスライドを貼り付けてみました。

歯並びが悪くなる原因は様々で、生まれつきの要因(遺伝的な骨格のバランスや歯の大きさ等)と、育っていく環境による要因(虫歯やケガによる乳歯の早期脱落や指吸い等の悪い癖等)が複合的に関与して、歯並びは形成されます。

生まれつきの要因(先天的な要因)は変えることはできないので、できるだけ良い歯並びを獲得しようとするのであれば、育っていく環境(後天的な要因)の中で、できるだけ歯並びが悪くならないようにしていくことが大切です。

そんな後天的な要因の中でも、正しいお口の機能(正しい舌と唇の機能)が身についていないことが原因で、歯並びが悪くなっていると思われる子どもたちをたくさん目にするので、今回はそんなお口の機能と歯並びの関係をお話しさせて頂きました。

以前のブログでも書きましたが、舌の癖(舌癖)口呼吸は歯並びを悪くする大きな原因です。正しい舌や唇の機能を学習するのは離乳期なので、そのときに上手に機能獲得できないと、悪い習慣や機能が定常化してしまって、歯並びにも影響してきます。

離乳期に舌と唇の使い方を学習することはとても大切です。離乳食の与え方や食形態にも気を配ると良いですね。

少し難しい話しになってしまったかもしれませんが、少しでも知識として頭に残ってもらえれば嬉しいですね。そんな機会を与えて下さったドレミキッズ保育園の皆さまに感謝です。

カテゴリー: 歯とお口の豆知識 | お口の機能と歯並び はコメントを受け付けていません。

歯科検診

みなさんこんにちは。石井です。

今日は午前中にお隣のドレミキッズ保育園に歯科検診に行ってきました。皆さんも、幼稚園や保育園、学校での歯科検診は終わりましたか?

 

 

子どもたちはとっても上手に検診させてくれました!

虫歯のない綺麗な歯をしている子どもたちが多かったように思います。

 

 

 

ただ・・・ 検診をしている僕が言うのもおかしなことなのですが、検診で見つけることができる虫歯は、見えるところにできている少し進んだ虫歯だけなんです。

歯と歯の間にできている小さな虫歯は、歯科医院でレントゲンを撮ったり、きちんと診査をしなければ見つけることができません以前のブログで詳しく説明しています。

歯科検診で虫歯がなかったからといって、全く虫歯がないとは言い切れないんです。

幼稚園や学校での歯科検診だけでなく、定期的に歯科医院でお口と歯のチェックを受けることをお勧めします。

カテゴリー: コラム | 歯科検診 はコメントを受け付けていません。

地方会大会打合せ@生田神社

みなさんこんにちは。石井です。

昨日は生田神社会館で9月に開催予定の日本小児歯科学会近畿地方会大会の打ち合わせのため、生田神社に行ってきました。兵庫県の小児歯科医の有志が集まって、準備を進めています。

 

神社の鳥居をくぐって学会の会場に足を運ぶというもの、なかなかないロケーションですね。でも、生田神社会館はロケーションといい設備といい、地方会大会を開催するには本当に良い施設です。

会場の下見をしながら大会当日をイメージしてみましたが、これから色々な準備で大変になりそうです・・・

当日は多くの小児歯科医療関係者が集まって有意義な大会になるように、あと3か月しっかり準備を進めたいと思います。

カテゴリー: コラム | 地方会大会打合せ@生田神社 はコメントを受け付けていません。

日本小児歯科学会近畿地方会幹事会

みなさんこんにちは。石井です。

近畿地方も梅雨入りしてジメジメした天気が続いていますね。昨日はそんな梅雨の晴れ間に大阪市内まで日本小児歯科学会近畿地方会幹事会の会合に行ってきました。

 

今年度・来年度とまた地方会の幹事を務めることになりました。

学会運営は大学が中心となって行われるものなのですが、近畿には歯学部が2大学にしかないこともあって、大学の先生方だけでなく、開業医の先生方も学会運営に大きく関わっています。

学会は今後の小児歯科医療の方向性を決めていく上で大きな影響力を持っています。その舵取りは本会(日本小児歯科学会)が担いますが、各地域への伝達や啓蒙活動は各地方会がその役割を果たします。

高齢者に対する施策が脚光を浴びる昨今ですが、小児歯科医療もより充実したものになるようにしなければならないですね

それにしても久しぶりの大阪市内で、なんだかドギマギしてしまいました・・・

カテゴリー: コラム | 日本小児歯科学会近畿地方会幹事会 はコメントを受け付けていません。

歯と口の健康週間

みなさんこんにちは。石井です。

今日、6月4日は“虫歯予防デー”なんて言われていたときもありますね。現在は“歯と口の健康週間”として、歯とお口の健康について、日本歯科医師会が広く啓蒙活動を行っています。

 

今年の標語は

のばそうよ 健康寿命 歯みがきで

です。

 

 

行政の取り組みも、歯科医師会の取り組みも、超高齢化社会と言われる日本では、どうしても高齢者の方向けのものが多くなります。この標語も子どもにも当てはまることですが、明らかに高齢者の方を念頭に置いていると思います。

これからの超高齢化社会を支えるのは今の子どもたちです。

子どもたちの未来が明るくなるように、もっと子どもたちにも目を向けて欲しいですね。

カテゴリー: コラム | 歯と口の健康週間 はコメントを受け付けていません。

電波時計

みなさんこんにちは。石井です。

先日はITの進化について書きましたが、今日もIT絡みの話題です。

当院の診療室には電波時計を壁にかけています。できるだけ正確な時間を確認したいと思って電波時計にしていますが、かけている位置が悪くてなかなか電波を拾いません。

つい先日、電波時計の電池が切れたので交換しました。

電池を交換するとこれまた大変。うまく電波を受信させないと時間を合わせることができません。これまでは電波を受信しやすい窓際に置いてみたり色々試行錯誤していましたが、電波の受信に失敗することもありました。

そこで、いい方法がないかと調べてみたらスマホで疑似電波を発生させて時間を合わせるアプリがあることが分かり、試してみました。

 

いくつかアプリはあるみたいなのですが、僕は「JJYエミュ」というアプリを使ってみました。

スマホにイヤホンをセットして、そのイヤホンを電波時計の上にコイル状に置いて、アプリから発信される音?を電波時計に受信させるだけです。

 

もう本当に驚きです! 電波を受信させるために窓際をウロウロしていた無駄な時間はなんだったのかと思うほどアッという間に時間が合います!

こんな便利な方法で電波時計の時刻合わせができるなんて知らなかったので、スマホのアプリの威力に感心しました

電波時計の時刻合わせで苦労されることがあれば是非お試しください!

カテゴリー: コラム | 電波時計 はコメントを受け付けていません。

ITの進化

みなさんこんにちは。石井です。

今年のアメリカ矯正歯科学会でも色々と興味深い講演や展示がありましたが、やはりデジタルテクノロジーを活用した矯正治療というのが、今後進んでいくことは間違いないと感じました。

日本はまだ少し遅れているので、本格的に普及していくのは数年先になるのかもしれません。その波に乗り遅れないようにしないといけませんね。

そんなデジタルテクノロジーに刺激を受けたアメリカ矯正歯科学会ですが、滞在していたワシントンDCでITの進化を実感しました。

まずは路線バスです。

 

路線バスの車内でも無料のWiFiサービスが提供されています。海外からの旅行者にとっては非常に有難いサービスです。

それだけでなく、充電用のUSBソケットが用意されています! 上の右の写真の青く光っているところがUSBソケットです。

バスや電車の車内でWiFiサービスが提供されていることは珍しくなくなってきましたが、街中を走る路線バスに充電用のUSBソケットがあるのは初めて見ました

また、朝ごはんを食べたベーカリーでも新鮮な体験をしました。

 

ベーカリーの中にiPad風のタブレット端末が何台も置いてあって、その端末で注文からカードでの支払いまで完了します。あとはカウンターで商品を受け取るだけです。

色々悩んで品定めをしたり、店員さんとの英語のやり取りに不安があったり、何かと外国で注文する際には緊張するものですが、これはとても便利です。ベーカリーの店内の雰囲気からもIT化を感じますよね。

アメリカだけでなく日本でもIT化は進んでいます。

 

東京経由でワシントンDCまで往復したのですが、日本航空は国内線の機内は無料でWiFiサービスが提供されているんですよね。

飛行機の機内でインターネットにつないだり、飛行機の航路を追跡するアプリで自分の飛行機の位置を確認してみたりしてみましたが、本当に便利な世の中になったとつくづく思いました。

日々の暮らしの中にもITはどんどん浸透してきています。矯正治療だけでなく、これからは様々な医療でITの活用が積極的に進んでいくのでしょうね。

カテゴリー: コラム | ITの進化 はコメントを受け付けていません。

夜桜の写真

みなさんこんにちは。石井です。

アメリカ矯正歯科学会の開催されたワシントンDCから無事に戻ってきましたが、まだ時差ボケが残っていて、毎日4時ぐらいに一度目が覚めてしまいます。

兵庫県歯科医師会は毎月「歯界月報」という広報誌を発行していいます。以前にもブログに書きましたが、その歯界月報に夜桜の写真を投稿してみたところ、今月のスナップ写真として掲載されました。

 

明らかに表紙っぽくない夜景の写真ですし、季節も微妙にズレるので、表紙には採用してもらえませんよね・・・ 季節感を先取りして写真を撮るのは難しいです。

この写真は4月上旬に須磨浦公園に夜桜を見に行ったときに撮影したものですが、風が強くて思い通りに撮れずに苦労しました。夜景を綺麗に撮るにはシャッタースピードを遅くして撮影しなければならないのですが、風が強いと桜の枝が揺れるので、桜の花がブレて写ってしまいます・・・

元の画像はこんな感じです。

須磨浦公園の夜桜は初めて見に行ったのですが、本当に綺麗でした。おすすめです! 来年も行ってみようかと思います。

カテゴリー: コラム | 夜桜の写真 はコメントを受け付けていません。

アメリカ矯正歯科学会@ワシントンDC

みなさんこんにちは。石井です。

アメリカ矯正歯科学会に参加するためワシントンDCに来ています。7~8年前にも同じ会場で開催され、その時にも参加したので、何となく会場のロケーションや街の様子が分かっていて、気持ちにも余裕があります。

 

アメリカは矯正歯科界を国際的にリードしていることもあって(患者さんの数が桁違いなので、関わっている矯正医や企業の数も桁違い)、アメリカ国内だけでなく、日本をはじめ世界中の矯正医が集まります。

会場の広さも日本の学会とは比べものにならない広さで、講演会場も企業展示も広大なスペースが用意されています。

アメリカではデジタルテクノロジーを応用した矯正治療が普及してきおり、日本も何年か先には追従していくことになるのだと思います。

先日のブログでアメリカの矯正歯科界はクオリティよりも普遍性を求めているようなことを書きましたが、その流れに逆らうような動きも出てきており、やはりアメリカでも専門医によるクオリティの担保が問題になってきているのだと感じます。

 

会場では講演を聞き、矯正機器や材料を見て回り、広大な会場をウロウロするだけでヘトヘトです。

患者様にはご迷惑をお掛けしますが、あと2日しっかり情報収集したいと思います。

カテゴリー: 学会・講習会 | アメリカ矯正歯科学会@ワシントンDC はコメントを受け付けていません。